ハワイで販売禁止?サンゴ・肌・環境にやさしい日焼け止め3選|口コミ・SPF等

ハワイで日焼け止めが販売されなくなるのを知ってますか?

「日焼け止めは現地で調達しよ~!」と思っている場合、もしかしたら買えなくなるかもしれません(*ノωノ)

ハワイに生息するサンゴ礁に悪影響を与える有害な化学物質を含む日焼け止めの販売を禁止する法案が可決されました。

2021年から対象の日焼け止めの販売が禁止となります。

みあ

みあ
え~ハワイで日焼け止め使えないの??
私焼けたくないのに~(*´Д`)
みあ

みあ
じゃあ、どの日焼け止めならサンゴ礁に害がなく使えるの~~??

今回はハワイの海でも安心して使えるサンゴ礁フレンドリーな塗る日焼け止めの紹介から、
飲む日焼け止め、着る日焼け止めなどの日焼けを防止することができる様々な商品を紹介していきます。

【こんな人におすすめの記事です】

  • 敏感肌でも使える日焼け止めを探している方
  • 赤ちゃんにも使える肌にやさしい日焼け止めを探している方
  • オーガニックにこだわっている方
  • サンゴ・環境に優しい日焼け止めを使いたい方

ここで紹介している日焼け止めはほとんどがオーガニックの天然の成分が配合されているものばかりです。

肌に直接触れる日焼け止めだからこそ肌に刺激の少ないものを選ぶことが賢明です。

あなたも肌にも環境にも優しい日焼け止めを使ってみませんか?

今回問題になっている成分とは?

今回問題になっている有害な成分とは、オキシベンゾンとオクチノキサートと呼ばれる成分で、紫外線吸収剤ともいいます。

この紫外線吸収剤は肌に塗ると、紫外線吸収剤が紫外線を吸収して、紫外線が皮膚の内部に侵入するのを防ぐ働きがあります。

日本では日焼け止めをはじめ、高SPFの下地やファンデーション、UVカットリップなど、様々な化粧品に配合されています。

禁止されるのは販売だけ!使用禁止ではない

この2つの成分が入った日焼け止めはハワイで販売禁止となりますが、使用禁止とは言われていません。

「じゃあ、使ってもいいんじゃないの?」

と言う方もおられると思います。

確かに使用禁止ではないので、法に触れることはありません。

しかし、以前からサンゴの白化を加速したり、まだ成長段階にあるサンゴを殺すとして一部の研究者のあいだで使用が懸念されていました。

英BBCによると、過去に発表されたある研究で推定1万2000トンもの日焼け止めがサンゴ礁等の海洋生物に流れ着いていることが発見されており、日焼け止めを禁止することによってサンゴ礁の破壊が軽減されることに期待がかかっていることも事実です。

使用の禁止はされていなくても、海に入る時にはこの紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使うようにするのがベストじゃないかなと思います。

日常生活では一般的に販売されている日焼け止めを使用して、
海に入る時だけ紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使うことが当たり前になれば、肌を焼きたくない人にもサンゴ礁にもハッピーですね。

世界の屈指のリゾート地のハワイの今回の法令をきっかけに、

ビーチに行くときの持ち物として、水着、タオル、海用の日焼け止めの3点は必需品!という認識が増えたらいいなと思います。

サンゴ礁を傷つけない!塗る日焼け止め

2018年現在では、ハワイでも紫外線吸収剤を含む日焼け止めを使用できますが、サンゴ礁などの環境面を考えると使うことに抵抗を感じる方もいると思います。

そこで、今回はサンゴ礁を傷つけない、環境にも肌にも優しい塗る日焼け止めを紹介します。

紹介する3つの商品は天然成分で作られているものばかりで、赤ちゃんでも使えるほど肌にやさしいです。

※生後6か月以降の赤ちゃんを対象としています。

各商品の特徴もまとめているので、ぜひ参考にしてください。

 サンゴ保護のために作られた|サンゴに優しい日焼け止め

サンゴに優しい日焼け止めは、沖縄のきれいな海を守りたい!!という想いで開発された人にも海にも優しい100%天然成分の日焼け止めです。

紫外線をブロックする酸化亜鉛を主成分に、ヒマワリ種子油やサフラワー油など保湿効果のある自然由来の成分で日焼けを防止する効果を発揮します。

1パックの使い切りタイプなので旅行の持ち物をできるだけ少なくしたい人におすすめです。

1パック15gで全身約2回分、顔と首は約7回分〜使うことができます。

特徴

  • 低刺激性:天然成分でお子さんにも安心。
  • 石鹸で落とせる:お手入れ楽チン。
  • UVカット機能:SPF30程度の効果。
  • ウォータプルーフ:マリンレジャーに最適。

 高SPF/ウォータープルーフがほしいなら|ソレオ オーガニクス

 

オーガニック大国オーストラリアのブランド、ソレオオーガニックスの日焼け止めです。

紫外線対策には、肌に優しいミネラル成分の酸化亜鉛(紫外線反射剤)を使用し、紫外線を防止します。

日焼け止めの白浮きしやすい欠点もカバーしていて、ウォータープルーフ効果もあります。

オーガニックの日焼け止めでここまで汗に強い日焼け止めはめずらしいです。

SPF30+ PA++ですが、オーストラリアでは、「SPF」の表記が「SPF30+」が最大とされているので、日本のSPF50と同じくらい効果が期待できます。

オーストラリアでは、「SPF」の表記が「SPF30+」が最大(※2)とされています。 ソレオ オーガニックスは、レジャーなどでも対応可能な最大数値の「SPF30+」です。

(※2) 国によってSPFの表記の最大値が異なり、日本は「SPF50+」が、オーストラリアは「SPF30+」が最大値と定められています。         出典:公式サイト

特徴

  • 100%天然成分
  • 高いSPF効果
  • 石鹸で落とせる
  • ウォータープルーフ効果あり
  • オーガニック保湿成分で潤いも
  • UVカット機能:SPF30

 赤ちゃん・子供のために作られた|エルバオーガニックス

人気のエルバビーバのセカンドラインとして生まれたブランドです。

ママとパパの気持ちを考えて作られたエルバオーガニックスの日焼け止めは生後6か月以降の赤ちゃんにも使える優しい日焼け止めです。

きちんと日焼け止めの役割もあるのに、普通のせっけんで洗い流すことができるるのも特徴です。

赤ちゃんに優しいだけでなく、敏感肌の方にもぜひおすすめしたい日焼け止めです。

お化粧下地としての使用もおすすめですが、その場合はクレンジングでメイクを落とすようにしてくださいね。

特徴

  • 合成化学成分を一切使用していない
  • 赤ちゃんや敏感肌の方も使える
  • 石鹸で落とせる
  • 質感:ホイップのような軽さでベタつきなし
  • 香り:ほのかに甘いラベンダー、カモミールの香り。
  • UVカット機能:SPF30

飲む日焼け止めで内側から紫外線対策!

肌にも環境にもやさしい塗る日焼け止めを紹介しましたが、最近ではカプセルタイプの飲む日焼け止めもたくさん発売されています。

インスタやTwitterでの美容アカウントの人たちの口コミでも人気が上昇していますね。

その中でもよく見かけるのが飲む日焼け止めの代表格とも言われるヘリオケアウルトラ

ヘリオケアウルトラは「ホンマでっかTV」でも紹介された飲む日焼け止めです。

ヘリオケアウルトラは紫外線による影響を抑える抗酸化作用だけでなく、下記の役割も果たします。

  • 肌の免疫機能を整える
  • DNA保護作用で肌の回復を早める
  • 肌のコラーゲンを保護する

また、ヘリオケアウルトラは化学薬品は一切せず、植物由来の成分でできています。

そのため副作用はほとんどないとされています。

4歳以上の子どもにから服用することができるので、子供さんに何度も日焼け止めを塗りなおすことが難しい場合にも使えるので便利ですね。

飲む日焼け止めだけでも効果はありますが、塗る日焼け止めと合わせて使うことをおすすめします。

着る日焼け対策で日焼け防止!サンゴ礁を守る!

日焼け対策はしたいけど、

  • 日焼け止めを塗るのも面倒くさい!
  • 飲む日焼け止めって何か不安だな~。

と言う方もおられるでしょう。

そんな場合は肌を見せないラッシュガードで海やプールを楽しみましょう!

ビーチと言えばビキニのイメージは強いですが、紫外線を気にしている方は露出の少ないラッシュガードを着れば日に焼ける心配なく存分に楽しむことができます。

もちろん日焼け止めを塗らなければサンゴ礁に影響を与える心配もありません。

レディースのおしゃれなラッシュガードは体系カバーにもなるので人気ですね。

お子様用のラッシュガードは可愛いデザインも多いです。

もちろんメンズのラッシュガードもありますよ。

可愛いラッシュガードが見つかるおすすめサイト



韓国のファッションサイトには可愛くてデザイン性の高いラッシュガードが安く売っています。

そんな可愛いラッシュガードが1,000円台から変えるサイトはSecret Labelというサイトです。

日本ではまだあまり知られてませんが、他のサイトに比べて値段が断然安いので私もよくチェックしています!

日本で見かけないデザインもたくさん見つかりますよ!

普通の洋服もおしゃれなのでぜひチェックしてみてください。

Secret labelのラッシュガードをチェックする

まとめ:ハワイではどの日焼け止めも使えるが使う日焼け止めは考えるべき!

ハワイで一部日焼け止めが販売禁止になったニュースから、問題になっているサンゴ礁に影響を与えない日焼け止め各種をご紹介しましたがいかがでしたか?

確かに現時点ではハワイではどの日焼け止めも使える状態ですが、誰一人気にせずに紫外線吸収剤を含む日焼け止めを使い続けると、サンゴ礁にダメージを与えてしまいます。

今回はハワイの法律で販売の規制のみですが、今後は使用の禁止を訴える可能性もでてきます。

少しでもこのニュースを多くの方に知ってもらい、海に入る時だけは紹介した日焼け止めなどを使用して夏休みや旅行を楽しんでもらえれば嬉しいです。

関連記事

繰り返すニキビ予防に効果的な5つの方法|毎日の習慣にすれば肌は変わる!

消費税0%?移住したい街No.1アメリカ・ポートランドについて徹底調査

Booking.comで手数料無料のキャンセル方法を写真付で解説【簡単】

ハロウィン何する?お金をかけず本格的な仮装ができるアイディアとポイント

ダイエットで糖質制限は無理なく続く!低糖質の食事を1カ月続けて感じた体と心の変化

エアコンクリーニングはいつやるのが正解?掃除の頻度・業者依頼の安い時期を知る