フランス・パリへの憧れのはじまり。きっかけはホテルの予約から…

エッフェル塔。

シャンゼリゼ通り。

フランス映画の『アメリ』。

香ばしい香りが漂うフランスパン。

 

私がフランスに行くまで「フランス・パリ」に対して思っていた感想はそんなシンプルなものでした。

 

友人とパリに旅行に行ったのはもう7年ほど前になるので、

「またパリに行きたいな〜」と思う時期に到達したようで、この記事を書こうと思いました。

 

定番観光地とフランスパンくらいの知識しかなかった私は、

当時の一緒に旅行に行く友達とフライトの手配からホテルの予約をするためにパリについていろいろリサーチしました。

(基本的に旅行は自由行動がいいので、自分たちで手配するようにしています)

 

ホテルはできるだけ便利な場所に決めたかったので、4つのポイントに絞ってホテルを探しました。

・観光地からそれほど離れていない

・女子旅でも安全な地域

・おいしいレストランが近くにある

・パン屋さんが近くにある

 

「安全で、食にも困らない場所」が私たちの求める場所でした。

 

特にパン屋さんが近くにあるということは譲れませんでした。

ただ単にホテルから近いパン屋さんのテラスで朝ごはんを食べたいという理由だけですが…(笑)

 

そんな時に、パリ在住の方のブログやフランスによく旅行に行く方のブログをリサーチの時に見ていました。

 

そこで印象に残った言葉が「パリジャン・パリジェンヌ」でした。

 

・パリジェンヌのファッション

・パリジェンヌの自由な恋愛

・パリジェンヌのナチュラルメイク

 

パリジェンヌに関する様々な内容が書かれていて、ホテル選びよりも興味をそそられてしまい、ブログから目が離せませんでした。

 

そんなこんなでしたが、ホテルも航空券も予約をし、無事に友人と旅行に行ってきました。

 

旅行中の出来事についてはまた追って書いていきたいと思います。

初めて私がフランスという国に興味を持つまでのお話でした。

関連記事

海外のレストラン予約が日本語でできるグルヤク!リアルな口コミ・評判でトラブル回避

ハワイで販売禁止?サンゴ・肌・環境にやさしい日焼け止め3選|口コミ・SPF等

海外レストラン予約|日本語でネット予約ができる5サイトの特徴を比較!

海外のレストランを予約する3つの方法!英語が苦手な方でも安心のおすすめは?