Amazonで領収書を発行する方法!宛名記入は?納品書もなし?

Amazonで購入したら納品書が入っていない?

ネットショッピングで購入する場合、ほとんどの場合に納品書が入っています。

しかし、Amazonでは納品書の同封はありません。

昔は商品と一緒に納品書も箱の中に入っていましたが、今では環境への配慮と利便性の向上の目的で省略しているようです。

Amazonの領収書の特徴

Amazonの領収書の特徴をくわしくご紹介します。

Amazonのサイトから領収書を発行できる

領収書はAmazonのサイトで発行することができます。

領収書はプリント印刷して手に入れます。

プリンターがご自宅にない方は、コンビニ等を使用することができます。

郵送サービスはない

便利なサービスで人気のAmazonですが、領収書の郵送はしてくれません。

そのため、領収書を手に入れたい場合は印刷するしかありません

公式サイトでも以下のような記載があります。

セキュリティ上の理由により、Amazon.co.jpでは領収書の印刷および郵送を承ることができません。

宛名を自由に記載できる

印刷した領収書の宛名は空欄で出てきます。

宛名が必要な場合は、自分で宛名を書き込んで使用してください。

商品名は変えることができない

a

注文した商品名が印字されます。

「商品代として」などの記載はされないので、注意しておきましょう。

領収書の再発行は可能

領収書は何度でも発行することが可能です。

ただし、2回目以降には、領収書のタイトル横に(再発行)と記載され、発行日もその都度更新されるのでご注意ください。

支払方法によっては領収書を発行できない

クレジットカード、携帯決済、Amazonギフト券、Amazonポイント、パートナーポイントでの支払い時のみAmazonサイトから領収書の発行ができます。

コンビニ払いやATM払いでは領収書は発行できません。

購入証明書ができるものもあるります。後ほどくわしくご紹介します。

Amazonのサイトで領収書を発行する方法

領収書はAmazonのサイトで発行することができます。

手順を写真付きでご紹介します。

トップページの「注文履歴」にアクセス

領収書を発行したい商品を探す

「領収書/購入明細書」をクリック

領収書が表示される

代引きの場合の領収書は?

代引きの場合はAmazonから領収書を発行することができません

ヤマト運輸での配送なら、ヤマト運輸から発行されます。

商品の箱に配送業者の領収書が貼ってあるので、領収書が欲しい場合は誤って捨てないように注意しましょう。

また、代引きの場合の領収書はAmazonで登録している依頼主名になります。

まとめ

Amazonで領収書は簡単に発行できます。

印刷をしないといけないのでプリンターは必須です。

最近はコンビニでも印刷できちゃうので、外出時でも領収書の発行はできますね。

インターネットの買い物と言えばAmazonを使うという人も多いと思います。 今回はAmazonプライムに入会するかどうか迷っている方に向け...
最近ではAmazonプライムやNetflix、Hulu、U-NEXT、dTV、FODなどのビデオ・オン・デマンド(VOD)というサービスで映画や...
突然ですが、あなたは「お金」について学んだことはありますか? 私が記憶している通りだと、学校の授業で学んだ覚えはありません。 お金は...

関連記事

[最新版]楽天ポイントをたくさんお得に貯める方法|キャンペーン・支払い・サービス...