エニタイムフィットネスはコスパ最高のジム!利用者がおすすめの理由を紹介

  • キレイに痩せたい!
  • くびれを作りたい!
  • 美脚になりたい!

そんなことを考えると、まずイメージするのはトレーニングジムではないでしょうか。


でも、たくさんある中からジムを選ぶのって難しいなあ…

そんなあなたに向けて、エニタイムフィットネスに通っている私が思うエニタイムフィットネスのおすすめポイントを紹介していきます。

私が選んだポイントはずばり【コスパ】

エニタイムフィットネスは他のジムに比べて値段が安く、コスパが最高にいいと感じています。

お金面以外でもおすすめのポイントがたくさんあるので、ジム選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね(‘ω’)ノ

エニタイムフィットネスがおすすめの理由|利用者のリアルな口コミ

エニタイムフィットネス おすすめ

実際にエニタイムフィットネスに通っている私がおすすめのポイントを紹介します。

エニタイムフィットネスの特徴から実際に通ってわかったリアルな感想もお伝えします。

これを見れば、たくさんあるジムの中でも【エニタイムフィットネスはコスパ最高】な理由を感じてもらえると思います。

①24時間・年中無休で使える

エニタイムフィットネスの一番の特徴と言えるのが24時間いつでもトレーニングできることです。

忙仕事帰りに夜中にジムに行きたい、早朝体を動かしてから1日を始めたいなど、どんなライフスタイルの人にも通いやすいジムになっています。

通常なら、朝早くても9時~、夜遅くても23時には閉まってしまうジムがほとんどだと思います。

また、定休日があったりと「時間があるのにジムに行けない」なんてこともしょっちゅうです。

エニタイムフィットネスなら、深夜・早朝関係なく好きな時にトレーニングができるのが魅力です。

年中無休なので、もちろんお盆休みもお正月もゴールデンウィークも営業しています。

エニタイムフィットネスでは会員になると、セキュリティキー(ジムに入るためのカギ)をもらいます。これを使うことで、いつでもジムに入れる仕組みになっています。

②世界・日本のどの店舗でも使える

一番驚きなのが、セキュリティキーを持っていれば、自宅近くでも、職場の近くでも、引っ越ししても、旅行先の海外でも、世界中のエニタイムフィットネスを利用できることです。

世界中では4,000店舗以上あるので、旅行中や出張などで海外に行った場合でも、このセキュリティキーさえ持っていれば普段通りのトレーニングができちゃいます。

もちろん、追加料金も一切かかりません。

ただし、多店舗を利用できるのは30日以降から。また、60日間で契約した店舗とは別の店舗の利用回数が多い場合、そちらの店舗の月額料金が反映されます。月額費用が安い店舗で契約して、高い店舗に通い続けることはできないようになっています。

③月額料金が安い

月額費用は店舗によって異なりますが、私が行ってる店舗では月額6,800円(税抜)です。

大手ジムの多くが月額10,000円ほどを考えると、6,800円は比較にならない安さだと思います。

ジムは通い続けてこそ効果が表れるので、毎月の費用が安いジムは嬉しいポイントです。

2018年現在、国内に400店舗と店舗数も増えてきています。

新規店舗が続々とオープンしているのもうなづけますね!

④キャンペーン・友人紹介割引でお得に始められる

オープンして1年以内の店舗で入会したので、オープン記念キャンペーンで入会金が無料で始められました。

くわえて、他店のエニタイムフィットネスに通っている友達に紹介してもらい、友人紹介割引も利用できました。

そのため、1か月目に払った合計金額は月額費のみの、たった3,980円!と格安価格でした(‘ω’)

私が支払った初月費用

  • 入会金:4,760円   ←私はキャンペーン中で無料(/ω\)ラッキー
  • セキュリティキー発行:5,000円 ←オープン記念で無料
  • 月額費:6,800円 ←友人紹介割引で3,980円に!
  • 営業時間:24時間年中無休

始めたタイミングがよかったのと、友達がすでに通っていたため、とってもお得に始めることができました。

入会を検討している方は、これらは要チェックですよ(‘ω’)ノ

  • エニタイムフィットネスに通っているお友達がいるか
  • 近くの店舗のキャンペーン

⑤マシンに特化している

エニタイムフィットネスにはプールやスタジオはありません。

ランニングマシンやエアロバイク、クロストレーナー、筋トレ・重量系のマシンが効率よく配置されています。

大手にジムに比べるとスペースもコンパクトで初めは物足りなさを感じる方もいるかもしれません。

しかし、実際のところ人気のマシンはほとんど配置されていますし、いつも清潔に保たれており不自由さは全く感じません。

私の通う店舗では、体幹が鍛えられるTRXもあり、シャワールーム、女性専用トイレも完備されているのでこの低価格を考えるとコスパは十分すぎるくらいです。

また、スタッフの方はマシンの使い方を丁寧に教えてたりと親切なのも安心して続けられるポイントです。

⑥比較的年齢層が若めでモチベーションが上がりやすい

私が行ってる店舗では利用者の年齢層は比較的若めで、利用者同士が話をすることもなく、みんなが黙々と集中して運動しています。

ジムでは自分の世界にはいって運動したいタイプなので、今の環境としてはとても気に入っています。

エニタイムフィットネスに入会する前に、近くにある大手のジムに見学に行ったことがあるんですが、そこにいた8割の方は年配の方で「土曜日の昼間なのに!」と驚いたの覚えています。

私が考えていた「ジム」といえば、筋肉マッチョな人たちがダンベルを担いでいるイメージだったんですが、現実とイメージの差にとてもびっくりしました!

見学にいったジムにはプールやヨガなどができるスタジオもついている大きなジムだったこともあり、おじいちゃん・おばあちゃんの憩いの場のようになっていたんだと思います。

これは私の完全に個人的な意見ですが、おじいちゃんたちに囲まれるより、マッチョな人たちに囲まれる方が体を動かすモチベーションは上がる!と思っています。

【ジムは体を動かしに行く場所】と考えているので、同じような考えの人が多そうなエニタイムフィットネスを選びました。

⑦小規模なので要望が通りやすい

もしかすると、これは店舗によって異なるのかもしれませんが、私が通っている店舗では意見箱が設置されています。

利用者が匿名でスタッフに希望や要望を伝えることができます。

今まで見た中では、こんなものがありました。

  • 駐輪場に会員でない人の自転車が止まっていることが多いのでどうにかしてほしい

→会員以外の利用禁止の張り紙が張られる対策がされるようになりました

  • マシン使用後に使うウェットティッシュの配置場所を増やしてほしい

→ウェットティッシュの配置場所が増えました

要望にはきちんと回答もされており、何かしらの対策が毎回取られていました。

以前、ウォーターサーバーの配置希望の意見があったのですが、これには予算面などからお断りの文面が書かれていました。

もちろん、どんな要望でも通るというわけではないですが、利用者の声を聞いてより使いやすいジムにしていこうという運営者の気持ちが感じられ好感をもてました。

⑧退会時の違約金が不要

毎月10日までに退会したい旨をスタッフに伝えれば、その月の月末で解約することができます。

もし10日以降に退会申請をした場合は、その翌月分の月額費を払う必要があるので注意してください。

また、エニタイムフィットネスでは、退会にあたり違約金や解約金は発生しないので安心できます。

また、最低〇カ月は絶対に通わないといけない、なんて決まりもないので「ジム通いは私に向かないかも…」と思った場合でも最短2か月目に辞めることもできちゃいます。

他の大手ジムと比べてどれくらい安い?コスパは?

エニタイムフィットネス おすすめ

私が通っているエニタイムフィットネスの周辺にある他のジムの月額費用と比べてみました。

都心の主要な駅周辺だともう少し値段が高いかもしれませんが、値段の差を参考値として読んでもらえると嬉しいです♪

エニタイムフィットネスが全国どこでも回数制限なく利用できるので、同等の条件で価格を調べました。

※値段はすべて税抜き表記です

スポーツクラブNAS

  • 入会金:3,000円
  • 事務手数料:3,000円
  • 全国のスポーツクラブNASが使える: 13,000円
  • 営業時間:
    [平日] 10:00~23:00
    [土] 10:00~22:00
    [日祝] 10:00~19:00

エニタイムフィットネスの方が6,200円も安い!

コナミスポーツクラブ

  • 登録料:5,000円
  • 会員証発行手数料:1,000円
  • 好きなだけフリー(回数制限無し): 9,400円
  • 営業時間:
    [月水木金] 10:00~22:00
    [土] 9:00~21:30
    [日] 9:00~14:00
    [祝休日] 10:00~19:00

エニタイムフィットネスの方が2,600円も安い!

オアシス

  • 事務手数料:5,000円
  • 入会金:3,000円
  • オアシス全店利用可(全営業日・全営業時間):13,800円
  • 営業時間:24時間

エニタイムフィットネスの方が7,000円も安い!

すべてのジムで2,600円~最大7,000円も価格差があることがわかりました。

継続してこそ効果が現れるジム通いは少しでも値段を抑えたいところ。

エニタイムフィットネスは月額費用が安く、通い続けやすいのは強みですね。

しかも、私のようにキャンペーンのお得な時期に入会すると、初月費用をぐんと抑えることができるので、近くのエニタイムフィットネスのお知らせをチェックしておくのもおすすめです!

ちなみに、私は8月に入会して、【オープン記念+友人紹介割引】のダブルのお得なキャンペーンで通常16,560円かかるところ、3,980円で済みました。

近くのエニタイムフィットネスを探す

まとめ:コスパ最高のエニタイムフィットネスでWork Outを始めよう!

ジムに通うとなると一番気になるのが月額費用だと思います。

そんな月額費用が他のジムに比べて安く、キャンペーンでよりお得に始められたり、国内・世界中のどの店舗でも利用できたり、とコストパフォーマンスがすごいエニタイムフィットネス。

コスパがいいからこそ気軽に始められるエニタイムフィットネスであなたもジムライフを始めてみませんか?

ジムに入会するのも初めての私が、ちょっと敷居の高いパーソナルトレーニングを始めることにしました。 1対1でプロに教えてもらうのって恥ず...

関連記事

【脚痩せパーソナルトレーニング7回目】体脂肪を効果的に燃やすトレーニング法

【脚痩せパーソナルトレーニング8回目】リバウンドしても焦らない!調整すればいいだ...

【脚痩せパーソナルトレーニング4回目】ハムストリングの効果的な鍛え方

【脚痩せパーソナルトレーニング1回目】食事の見直しと運動プラン決め

糖質制限中の外食こそバイキング!おすすめ理由・注意するポイントは?

運動初心者の私がパーソナルトレーニングを始めると決めた6つの理由