【脚痩せパーソナルトレーニング9回目】体力がない時におすすめのトレーニング法

全10回のパーソナルトレーニングを3か月間で受けています。

前回の【脚痩せパーソナルトレーニング8回目】ではリバウンドに悩みました。
体調不良で前回から期間が3週間ほど空いてしまいました。

48Kgでパーソナルトレーニングを始めて、この2か月で45Kgと合計3Kgの体重減に成功

ちゃくちゃくと体重は減っていますが、もう少し大きな変化がほしいところです。

ということで今回は、短期的なダイエット用の食事を1週間トライしてみました。

ダイエット食の意外な結果と反省点をご紹介していきます。

▼私がパーソナルトレーニングを受けることにしたきっかけはこちらの記事にまとめています。

ジムに入会するのも初めての私が、ちょっと敷居の高いパーソナルトレーニングを始めることにしました。 1対1でプロに教えてもらうのって恥ず...

◆前回からの振り返りと感想

トレーナーさんの「体重はもう少し減っててもおかしくないね」との一言から、トレーナーさんと相談して体重を落とすための食事にチャレンジしてみました。

その食事で先に体重と体脂肪を減らしてから、ボディシェイプにこだわった筋トレを行うプランに変えることにしたんです。

その経過と結果をご紹介していきます。

体重を落とすためのダイエット食に1週間挑戦|メニュー紹介

体重を落とすための食事の基本メニューは、①タンパク質:肉or魚②食物繊維:野菜③発酵食品:味噌汁。

いわゆる、糖質オフの食事です。

今までは低糖質の食事をとっていましたが、今回初めて本格的な糖質オフの食事をとりました。

タンパク質としては、蒸した鶏肉や焼き魚を食べ、野菜は基本的に蒸し野菜にオリーブオイルと醤油をかけて食べていました。

さつまいもは炭水化物ですが、私の場合はさつまいもは食べてもそこまで体重に変化がでないので、少量は食べていました。

腸内環境を整え、体を温める効果のある味噌も体に取り入れたいので、味噌汁はマストで飲んでいました。

1週間のダイエット食の結果は?

結果として、栄養バランスが足りなかったのか風邪をこじらせてしまいました。

そのためこの食事は5日目でストップとしました。

体重の結果は開始時より-1Kgの44Kgまで落とすことができました。

摂取カロリー<消費カロリーであれば確実に体重は減るので、体重を減らすという目標は達成しましたが、カロリーバランスが偏ってしまい、体調を崩してしまうという悪い結果になってしまいました。

カロリーバランスが崩れた原因は明確で、量を食べなさ過ぎたんです。

私が元々、1食を少ない量しか食べれない体質で、取るべきタンパク質の肉や魚を最適な量まで食べられなかったのが一番の原因です。

ダイエット食で学んだこと

今回の体重を減らすための1週間のダイエット食で新たな発見が一つありました。

必要とされているタンパク質の量を食べられない私は、プロテインを摂る方が効率的かもしれないということです。

できるだけ、自然の食事から栄養素を摂取することを目指していたので、プロテインは今まで飲んでいませんでした。

このような炭水化物を極端に減らすThe糖質オフダイエット食では、炭水化物を減らす分、タンパク質や野菜を普段よりも多く食べないといけません

しかし、私は炭水化物を減らしたとしても、体質的に食べるべきタンパク質の量を食べることができない…。

パーソナルトレーニングを始めて、ここまでの糖質オフの食事は初めてでした。

結果として、風邪をこじらせてしまったけど、体重-1Kg、プロテインは自分の体質に合っているということがわかったので、いい勉強になりました。

病み上がりで体力がない時にもできるおすすめのトレーニング!

今回、ダイエット食でカロリーバランスを崩し、体調を壊してしまった私は、風邪からちょっと回復したかな?くらいの状態でした。

トレーナーさんと相談し、体力が万全でない病み上がりの時にできるおすすめの運動の種類を教えてもらいました。

たまたま、風邪をひいた時とトレーニング日が重なってしまったんですが、体力がない時からできるトレーニング内容が知れて逆に良かった(*’ω’*)とってもポジティブ(笑)

体力ないときににおすすめのトレーニング内容とは、

  • 有酸素20分くらいで軽めに
  • 重量を使った筋トレはNG
  • 重りを付けない筋トレならOK

体力がない時に、重りを使った筋トレは体に負担が大きいので、軽めの有酸素が良いそうです。

そんなときにおすすめなのが、HIITサーキットトレーニング!

短時間で有酸素トレーニングを効果的に行うことができます。

トレーニングの内容は【脚痩せパーソナルトレーニング7回目】体脂肪を効果的に燃やすトレーニング法に詳しく紹介しています。

体力に自信がないとき、運動する時間があまりない時にぜひトライしてみてください♪

 

 

 

 

関連記事

【脚痩せパーソナルトレーニング2回目】正しい姿勢とスクワットフォームの確認

【脚痩せパーソナルトレーニング7回目】体脂肪を効果的に燃やすトレーニング法

【脚痩せパーソナルトレーニング4回目】ハムストリングの効果的な鍛え方

【脚痩せパーソナルトレーニング3回目】筋トレの極限と前太もものハリを取る方法

【脚痩せパーソナルトレーニング8回目】リバウンドしても焦らない!調整すればいいだ...

運動初心者の私がパーソナルトレーニングを始めると決めた6つの理由